top of page
  • AKIVARK

【販売戸数が激減!カリフォルニア不動産マーケット  2022年11月】


いつも当サイトにお越しくださりありがとうございます。


全米レベルで価格調整、価格面で平時のマーケットレベルから一気にマーケットの冷え込みへと移行してきました。

地方の州は特に厳しいようです。

カリフォルニアも地方や高価格帯の原則により、価格や販売戸数が減退しています。


9月に当ブログで

ーケット全体でみると、価格販売開始価格の下落はしばらく続くでしょう。しかし、人気のエリアやアップデートされたお買い得物件は、すぐに成約されるでしょう。

とお伝えしていた通り、この傾向は春まで続くのでは?とおもわれます。

しかし、エリアや低価格帯は例外です!


動画で見る! 2022年11月カリフォルニア不動産マーケット




詳しいマーケット情報、各地域のトレンドなど、お気軽にお問合せください。



▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

将来の資産運営に米国不動産の活用をお考えの方

現地エージェントをお探しの方

住宅ローンについて、購入のプロセスについて、売却時の注意点などのご質問、お気軽にお問合せください。

Pre-Approvalについてのお問合せもどうぞ。融資のプロによるお見積りと将来的な投資のご提案もいたします。

オンラインミーティング,Line,Skype,日本国内で説明をご希望の方向けの個別相談や説明会開催も承っております。


https://www.ladreamland.com/contactus


#アメリカ不動産 #ロサンゼルス不動産 #カリフォルニア不動産