top of page
Luxury Home

​在米の方

Pre-Approval取得の前に

適切なご購入前の準備

不動産購入は大きな決断です。ご家族や資金の選択に関する慎重な計画がとても重要です。金利だけに目を奪われてしまうと、審査基準をクリアできず、せっかくの購入のチャンスが失われることもあります。事前にしっかりと審査基準がクリアできるかをローンオフィサーと調整しておくことも大切な準備の一つです。

1. ローンは、ご本人だけで組みますか?ご夫婦で組みますか?お子様と組みますか?

不動産ローンは個人だけでなく、ご夫婦や家族と共同で組むことができます。どの組み合わせが最適かは、ご家族の状況や目標に合わせて相談されることが大切なステップです。

2. 購入する物件には、長期的に住む予定ですか?

不動産購入は長期的な計画を必要とします。物件を購入する際に、将来の計画やライフスタイルに合わせて選択を検討しましょう。

将来的な住まいに関するビジョンをご家族で共有することも大切です。

3. 提出書類関連の準備

不動産取引にはTAX Return、Bank Statement、 給与明細など多くの書類が必要です。これらの書類を整理し、整頓しておくことをお勧めします。ご購入の際には、プロセスをスムーズに進めますし、ストレスを軽減するのに役立ちます。私たちは必要な書類のご提出方法についてサポートいたします。日本からの移住のかたでビザステイタスの方は、アドにあるような金利が取りずらい場合や審査基準が異なることがあります。

4. 送金に関する準備

日本から米国への送金には注意が必要です。日本の法律やアメリカ国内の規制に従い、適切な送金手続きを行うことが大切です。多額の現金を持ち込むことは法的に制限されているため、適切な方法で送金を行いましょう。AKIVARKは送金手続きに関するアドバイスとサポートを提供いたします。

アメリカの不動産市場やローンのプロセスに関する専門知識を持つ当社のチームが、皆様の購入プロセスをサポートいたします。

​このぺージでは、ご検討するポイント、ご購入前の準備(ご資金、クレジットスコア、TAX関係)そしてPre-Approval Letter​発行に必要な5項目ご紹介します

住宅開発

Q : お探しの家の価格帯は
お決まりですか?

ベッドルームの数や価格帯

​エリアなど

リビングルーム

Q : 月々のお支払い額は、いくらくらいが望ましいですか?

ここでのお支払い額は、

固定資産税、火災保険、ローン、

HOA費用などの経費を

含みます。

電卓

Q : 頭金の予算はいくらくらい
​をお考えですか?

頭金は20-30%が望ましいです。その他、クロージングコストも別途かかります。

リビングルーム

お客様のファイナンスによって

​条件が異なりますので、

日本語スピーカーの

専属ローンオフィサーが

​きめ細やかなプランをサポート

します。

 

ビジネスミーティング

Pre-approval発行のために

​必要なことはこちら

オンラインバンキング

頭金の資金は日本から送金されますか?または米国内の資金をお使いになりますか?

・日本の銀行等にお預けの場合ー頭金に使われたい場合には、別途送金方法についてご案内いたします。

・投資信託等を解約される場合ー別途税金等がかかる場合がございます。会計士へご確認ください

準備その1.頭金をなるべく多く貯め、
早めに銀行口座に入れておく。

住宅ローン金額は少ないほうが、月々の負担も少なくなりますし、余分な金利も払わない方が賢明です。

銀行口座に入れておくのは、ローンを組む銀行側が、銀行口座に「これだけ頭金がある!」ということを証明させるためのものです。銀行は過去2か月分のステイトメントの提出を求めるのが通常です。2カ月前に必要な頭金や資金の移動を完了させておくと書類の準備がスムーズです。

購入する物件が決まり、いざ銀行口座のステイトメントを印刷、という段階になって、急に口座に入金すると、「このお金はどこから?」とさらに証明を求められます。昨今の国際情勢の方向性から、特に現金での入金額には注意が必要です。

オンラインバンキング

準備その2. クレジットスコアを下げないー
スコアのサーチは控える!

クレジットスコアは、貸し出す相手としての個人の信用度の指標す。貸し出す相手として信用できる顧客かどうか、支払い能力や信用度を分析し、数値化したものです。

住宅ローンを組んで購入を検討されている方は、金利に影響を与えないように、購入完了までに特にクレジットスコアを下げないよう注意しましょう。

Pre-approval時には良いスコアでも、審査段階でスコアが下がり、残念なレートになってしまうことも・・
 

ークレジットスコアを下げないための4か条ー

  1. クレジットカードの月々の支払い期限に遅れない。

  2. クレジットカードリミット、ギリギリまで使わない!

  3. 新しいカードを作らない!

  4. クレジットスコアのリサーチはしない。

  5. 車のリースも購入までできれば我慢です広告サイトで自分のスコアが見られるものはありますが、金融機関が活用するFICOスコアとは異なる評価方法です。融資申し込み時のスコアに影響を及ぼすことがあります。利用しないようにしましょう。  動画でも解説

クレジットカード

準備その3.自営業の方
Gross Incomeを計上しておきましょう。

節税はほどほど・・・

銀行は、確定申告(いわゆるTax return)のデータをもとに審査をします。ですから、売り上げが少ないと、収入が少ないとみなされ、希望の物件を購入することができない可能性もでてきます。通常、銀行は最新二年分の確定申告書類の提出を求めますので、そのコピーもしっかりと保存しておきましょう。

ご希望の物件を買うまでは、Gross Incomeを計上し、銀行側へのアピールの材料を備えておくことが賢明です。(*会計士のアドバイスのもと、確定申告を行ってください。)

タックスフォームの記入

Pre-Approval Letter
​発行に必要な5項目

Pre-approval Letter作成のためには

必要な情報や書類をご提出いただきます。

タックスフォームの記入

Proof of Income

ご収入の証明

1年分の米国での確定申告

2年分のW-2

最新2か月分の給与明細

フォーム
Documentation

審査に必要な

証明書類をご提出

貯蓄を計算

Proof of Assets

2か月分のBank Statement

(頭金に使われる口座)

クレジットカード
Acceptable 

Credit

クレジットスコア

760以上ですと

低い金利がとりやすいです。

オープンノート

Employment

Varification

ご職業の確認

2年以上同業種

またはCPAレター

ファミリービューイングハウス
購入オファーの準備完了です!
オープンハウスや内覧へ足を運んでみましょう。
bottom of page