アメリカ不動産投資
お客様の資産を守り、育てるための戦略的カウンセリング
​ー​各分野のプロフェッショナルとつなぐ出口戦略ー

当社は、「物件」の購入だけを前提とした投資はお勧めしていません。

購入検討段階で理のない購入予算をご提案し、売却後までを見据えた「お客様の資産をお守りする」ための不動産投資に関するカウンセリングを行っています。

1.無料見積もりで予算のご提案

購入時にいくら費用がかかるか、ローンを組む場合にはどのくらいの予算と頭金にするかなど、詳しいお見積を

お出しします。無理なく返済を続けられ、お客様のご負担のないように計画を立てられること現地金融機関のローンオフィサーが常駐している当社の強みでもあります。お客様の将来的なご計画やご希望を伺いながら、購入計画を立てていきます。

2.  独自データ提供で投資戦略のご提案ー妥当なマーケット価格か査定もー 

表面的にCAP(利回り)が良くても、投資しようとする候補地にテナントリスクや他にリスクがないか、リスクがあったとしても最小限にするための方策を融資のプロをはじめとした、当社のチームが対応します。無駄に高い金額で購入されないよう、妥当なマーケット価格かどうか査定もします。

当社はカリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置いていますが、ロサンゼルス近郊、カリフォルニア州全体でベストな投資エリアをご提案します。

3.  売却後の対策プランのご提案ーお客様と各分野のプロフェッショナルとつなぐプランー

当社の言う"戦略"とは、投資をした後、将来的にお客様の資産が守れるか、お客様の願いをかなえられるか、を大前提にして考えています。

投資目的に応じて、何年間物件を維持していくか、売却はいつごろがベストか、売却後にどうするか、など売却時のリスクや対策プランもしっかりと事前に検討してご提案をしています。

ー節税のために不動産を買われる方

ー将来アメリカで資産を増やしたい方

ーアメリカでビジネスをおこすため、まずは不動産を買いたい方

ーアメリカ進出したい方

ーお子さんの留学のために買われたい方

 

おひとりおひとりの願いをかなえるためにしっかりと、じっくりとカウンセリングを行い、各専門家へのご紹介を行っております。

例:

ーアメリカでの不動産投資の継続 商業物件やアパートの購入など

ー米国認定ファイナンシャルアドバイザー・投資専門家によるアドバイスと金融商品の活用検討

ー​アメリカでビジネスを始めたいという方には、専門分野の方へのご紹介や調査

現地で長くビジネスをしているプロフェッショナルとのつながりのある当社と他社の業者様との違いを実感してください。

タッチパッド上のデータ

1.無料見積もり

2.当社だけができるデータ提供

3.売却後の対策プランのご提案

さらに詳しく

ステップ1. 無料カウンセリングのお申込み

まずは当サイトのお申込みサイトからお申し込みください。

折り返し、Emailやお電話にてご連絡をさせていただきます。

スカイプやラインでもカウンセリングを行っておりますので、どのような形でカウンセリングをされたいか、

お気軽にお申し出ください。

​戦略的カウンセリングプロセス

ステップ2. 電話やオンラインミーティングシステムでカウンセリング

ご都合の良い方法や日時に合わせてオンラインカウンセリングを行わせていただきます。

カウンセリングの際には以下のことをお伺いしながら、どんな不動産投資戦略が良いか、判断するための

お客様の願いを伺います。

お客様個人で購入するか、法人で購入するか、スタートから検討することで購入後の手続きが全く違ってきます。

​アメリカのビジネス・税制システムに沿った買い方を推奨しています。

ー初期投資のご予算

ー投資目的

・節税目的ですか? ・アメリカで資産を増やしたいですか? ・将来アメリカに住みたいですか?

・アメリカでビジネスをお考えですか?など

投資を現金で行うか、ローンを組んで行うか、お客様の状況に応じてご提案します。

ー将来的なアメリカに投資した不動産を売却するか、相続するかなど運用について

ビジネスミーティング

ステップ3. データ提供と投資戦略のご提案

・投資エリア候補地の特徴

・投資エリア候補地別投資効率の比較

・賃貸の場合の利回り

さらに・・・

売却後の対策プランのご提案 不動産投資をきっかけとしたアメリカ国内の金融商品のご紹介など

将来的に売却益が得られるか?資産を活用して次の投資の可能性は?売却するか、相続するか?

​運用に回すか?ビジネスを起こすか、お客様のライフプランに合わせた対策プランを伺います。

アメリカ国内への不動産投資をきっかけに、金融商品の活用の可能性も開けます。

また、売却時に予想される税務的な処理など、投資がよりベストに近くなるようなご提案をいたします。

例:アメリカ国内の金融商品ー生命保険・株式・国債

年間平均のリターンが3%から7-8%以上のものまで多くの金融商品が、アメリカに存在します。

中には、生命保険の死亡保障が2倍から3倍になる商品選択の可能性もあります。

例えば5000万円の複利の商品が3-5%でも、20年で2倍以上になるので、死亡保障が払い込み金額の2倍になる可能性のある商品も。

金融商品の購入を可能にする税申告(TAX RETURN)とFederal IDの取得

日本国内の方がアメリカの金融商品を購入することはできません。Federal ID取得する必要がありますが、

熟知した現地のライセンスを持つエージェントと弁護士・会計士との連携をし、確実に、そして法律に順守した形で取得を行い、米国での税申告の準備をしていきます。

計画的に行わないと、日米双方の法律違反となったり、大変な相続税がかかってきたりと、せっかく築いた資産が予想以上に減ってしまうことも考えられます。

弊社では、ライセンスを持つ米国金融のプロフェッショナルが日本語で対応しておりますので、安心した不動産投資+資産形成を行っていただけます。

市場分析

ステップ4. 投資物件の決定と購入プロセスへ

投資方針が決まりましたら、プランに合わせた物件探しを行います。

いくつかご希望に沿うような投資物件をご提示し、オファーを入れたい物件を決定します。

物件購入のオファーを入れ、オファーが受け入れましたら、購入手続きへと移ります。