2022年米国不動産住宅市場予想!    ー住宅価格ー


いつも当サイトにお越しくださり誠にありがとうございます。

【2022年米国不動産住宅市場予想! 住宅価格】についてお伝えします。


昨年は資材の高騰、バイヤー集中による販売在庫不足に起因する価格高騰が各地で起こりました。

また、歴史的な低金利が2020年より継続され、ファーストバイヤーの購買意欲や郊外への移転にともなう戸建て販売も好調でした。


各機関発表によると、米国全体では大きな下落はなく、むしろ

およそ5%ー7%ほどの上昇

にとどまりそうです。



【ポイント】

住宅ローン金利の上昇
First Buyerの購買意欲の継続?
買い替え需要による販売在庫不足の解消

National Association of Realtors®によると、正常なマーケットの販売在庫は

3か月

バイヤー様にとっては、この正常なマーケットの販売在庫数に近づくか、買い時をみきわめるためのキーとなるでしょう。


地方都市で販売在庫数が増えている地域、失業率の高い地域において、今年売却を予定されている方はこの販売在庫がさらに増加するので要注意!価格下落の可能性があります。


購入予定の方で、投資物件の場合は、テナントリスクも高まるでしょう。


Zillowの予想だけ高いのはなぜ?

Zillowの予想は、AIやアルゴリズムによる「Zesitimate」がよく知られているところですが、このアルゴリズムが昨年の急激なマーケットの変化についていけず、混乱と誤差がかなり生じていると発表されています。現に、買取販売のビジネスも撤退する予定と発表されています。

そのアルゴリズムの混乱により、かなり高い期待値が算出されたものと考えられます。


他方、Corelogicといった民間のリサーチ、MBA(Mortgage Bankers Associataion)は、現実的な不動産鑑定や売買調査に基づいた確実な調査に基づいているので現実に近い値になっていると思います。



他のリスクは?


この年末年始のオミクロン株の影響、サプライチェーンの影響、インフレーションの行き過ぎなどのリスクが今年の住宅市場へ影響を及ぼす可能性があります。

購入時点の状況だけではなく、長期的な保有を見越して購入計画をたてることが賢明でしょう。




弊社では、随時バイヤーの皆様のための情報提供を行っております。お客様のご要望に合わせた

ンラインミーティングも行っておりますので、お気軽にお問合せください。



▼お問い合わせはこちらから▼

https://www.ladreamland.com/contactus