Q アメリカの銀行口座をつくるメリットはありますか?         ⇒だれも教えてくれない!日本人が使うあの銀行について、「使い方にコツ」あります。

A メリットはあります!
まず、利息が違います。

銀行にもよりますが、日本のような金利ではない為、利息の付く口座を開設すれば、

1-3%の利息がつきます。


日本へ送金の際に、為替差益や送金手数料に気をつける必要はありますが、長い目でみてメリットの方が大きいですよね。

約1万ドル(約100万円)預けると、1%でも100ドル、3%ですと300ドル。

もし、5万ドルあずけると・・・その5倍です。

少額でもメリットはある、と思います。


次に、米国内の送金に便利、ということが挙げられます。

不動産を購入する場合にも、送金の際に日本から送金するよりも安く済みます。

5000円以上手数料がとられますが、米国内だと、多くてその半分ですみます。

FAXやオンラインバンキングで手続きが可能な場合が多いです。


そして、融資を組む際に、日本の銀行口座の残高証明をとる手間が省ける点。

頭金や購入費用をアメリカ口座に2か月入れておくと、その口座の取引明細書が審査書類に

使えます。




このような、「テクニック」はなかなか日本の不動産業者さんは教えてはくれないものです。

細かなテクニックで、日本の投資家の方がこちらで不動産を購入しています。

融資のプロが皆様の投資をお手伝いいたします。


ユニオンバンクが日本の方に便利ということで挙げられますが、他の銀行口座を開設することでより便利に活用できます。
ユニオンバンク 日本語ページhttps://www.unionbank.com/personal-banking/japanese/jpn/index.jsp

受けられるサービスには制限があります。どこも教えてくれない情報について、詳しくは当社までお問い合わせください。

#アメリカ不動産

#アメリカ不動産投資













最新記事

すべて表示

【Foreclosure & Forbearance 6月末まで再延長】

いつも当サイトにお越しくださりありがとうございます。 トランプ政権下からの措置である、 -Foreclosure =破産による退去 -Forbearance =住宅ローンの支払い猶予 がバイデン政権下でも、6月末まで延長となりました。 -Forbearance =住宅ローンの支払い猶予の注意点: ・収入が戻った後、支払い猶予分は支払いをしなくてはいけない ・収入減少を証明する書類やTAX Retu