• AKIVARK

2022年1月よりConforming Loan金額が引きあがります

更新日:7月6日

いつも当サイトにお越しくださり誠にありがとうございます。


毎年Federal Housing Finance Agency’s (FHFA) より2022年のConforming loan の枠が発表されました。


Conforming Loan とは? = 連邦住宅抵当金庫(Fannie Mae)や連邦住宅金融抵当会社(Freddie Mac)の条件に適合する不動産融資のこと


▼こちら▼

https://www.car.org/en/aboutus/mediacenter/newsreleases/2021releases/2022loanlimits

the following statement in response to the Federal Housing Finance Agency’s (FHFA) announcement to increase the 2022 conforming loan limits for mortgages acquired by Fannie Mae and Freddie Mac to $647,200 on one-unit properties and a cap of $970,800 in high-cost areas. The previous loan limits were $548,250 and $822,375, respectively.

カリフォルニア州の多くの郡の場合、


2021年 $548,250 ⇒ 2022年 $647,200

約15%の上昇です。

(一部の郡では、この金額よりも高くなったり、低くなったりします。)


2021年の不動産価格の上昇により、新たに算出されましたが、2ケタ上昇率はかなりインパクトがありますね。

それだけ、不動産価格の上昇により、ローン金額の基準も上昇させても問題なし、という判断があったものと思います。


Conforming Loanは、”一般的な住宅ローン”、ですが、ローン金額の枠が広がったので、購入できる物件価格も引きあがります。


頭金20%、ローン金額80%と仮定すると

購入検討ができる物件価格は・・


2021年

$685,312

頭金 $137,062 ローン金額 $548,250

2022年

$809,000

頭金 $161,800 ローン金額 $647,200


頭金を増やすこと、収入審査などはもちろん必要となりますが、検討できる物件が広がりますね!


その他米国住宅ローンに関して、お気軽にお問合せください。



キャッシュアウトリファイナンスのチャンスかも

https://www.ladreamland.com/post/cashoutrefi