• AKIVARK

【調整局面に入ったハウジングバブル?カリフォルニア不動産マーケット  2021年8月】

更新日:2021年9月23日

いつも当サイトにお越しくださり誠にありがとうございます。


2021年8月のカリフォルニア不動産マーケット情報が更新されました。


販売価格中央値 昨年比17.1%上昇

ハウジングバブルといわれている2021年のマーケット。


7月の傾向とは少し異なっているのが興味深いです。


▼こちら▼

********************************************

【7月の傾向】

傾向1- 販売価格中央値 前月比 -1.0%減

傾向2- 販売戸数 428,980戸 前年比-2.0%減

      コロナ前 2019.7 411,630戸

そして、傾向3

7月の仮契約(=8月の販売戸数への影響)も減少傾向であるということです。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【8月の傾向】

傾向1- 販売価格中央値は再び上昇 - 高額物件が好調のため引きあがっている?

傾向2- 販売戸数 414,860戸 前年比10.9%減 前月比3.3%減

      コロナ前 2019.7 411,630戸 ▶▶▶▶ コロナ前レベルとほぼ同じ

傾向3- 8月の仮契約(=9月の販売戸数への影響)も減少傾向

傾向4- 郊外のマーケットの冷え込み?



【傾向1- 販売価格中央値は再び上昇 - 高額物件が好調のため引きあがっている?】

価格帯ごとにみていくと、750K以上の高額物件が引き続き好調です。この高額な価格帯が販売価格中央値を上昇させているといえます。




【傾向2- 販売戸数 414,860戸 前年比10.9%減 前月比3.3%減

      コロナ前レベルとほぼ同じ】

この14か月で、初めてに二桁の下落です。水準としてはコロナ前と同じレベとなっています。









また、販売価格中央値は、戸建て、コンドミニアムともに、調整局面に入っていると思われます。




【傾向3- 8月の仮契約(=9月の販売戸数への影響)も減少傾向】

Pending Sales=仮契約戸数は引き続き減少傾向です。9月の販売戸数へ影響がでると思われます。





【傾向4- 郊外のマーケットの冷え込み?】

カリフォルニア州は大変広いですので、LA経済圏、サンフランシスコ郊外の販売価格中央値、販売戸数、ともに減少しています。

小さな町や郊外での購買層はほぼ一巡したのでは、と思われます。




9月からのマーケットの注目点は・・・

1.リスティングが増加するか
2.販売在庫が"2か月"から増加するか

です。



本日、米連邦準備理事会(FRB)の議事録が発表されました。

連邦公開市場委員会(FOMC)でテーパリング(量的緩和の縮小)着手が「近く」正当化される公算が大きいとの見解を示した。


▼こちら▼

https://jp.reuters.com/article/instant-view-fomc-idJPKBN2GI248


このことが意味するのは、簡単にいうと・・

金利が来年にかけて、少しずつ上昇する可能性がある、ということです。

現在、約3%前後を推移していますが、約3.5%へ上昇する可能性を頭に入れておきましょう。


昨年からの不動産マーケットは低金利も購買意欲を高めていましたので、

金利が高くなることによって買い控え傾向が出てしまう可能性もあります。

ハウジングバブル後、経済的な影響を受けていないバイヤーにとっては、「買い時到来!」です。


しかし、それ以上に供給過多による在庫増と買い控え傾向がつづくと、必然的にマーケットの冷え込みが考えられます。

今の過熱気味のマーケットから2-30%下落したとして、2020-2021にかけて価格上昇分が下落すると考えられます。

コロナ前レベル=約1年前の価格レベル


例:コロナ前 $500,000 ▶▶▶▶ 2021年 30%上昇 $650,000 ▶▶▶▶ 2022年~2023年 $500,000


米国不動産は、上がったり下がったりを繰り返していますので、「5年以上の長期保有」がベストです。たとえハウジングバブルに購入したとしても、焦らないことが大切です!



さて、昨年からの販売価格中央値の推移を詳しく見ていきましょう。


戸建販売価格中央値 

2020年6月$626,170 (コロナ禍 行動制限中)
7月$666,320 (コロナ禍行動制限中)
8月 $706、900記録更新!(ロックダウン解除)
▶▶▶▶ 9月$712,430 続いて記録更新
10月 $711,300
11月 $699,000 ▶▶▶▶ 冬のマーケットへ
12月 $717,930 ▶▶▶▶ 記録更新! 

2021年1月 $699,890 ▶▶▶▶ 冬のマーケット再突入
2月 $699,000 ▶▶▶▶ 冬のマーケット ほぼ下がらず
3月 $758,990 ▶▶▶▶ 春の活況期突入へ
4月 $814,010 ▶▶▶▶ 春の活況期!
5月 $818,260 ▶▶▶▶ 春の活況期ピーク
6月 $819,630 ▶▶▶▶ 春の活況期ピーク 継続!
7月 $811,170 ▶▶▶▶ 鈍化傾向へ?
8月 $827,940  ▶▶▶▶ 高額物件好調により上昇



販売戸数は鈍化傾向へ

販売戸数 
2020年6月 339,910戸
⇒7月 437,890戸          
⇒8月 465,400戸  前年比 プラス14.6%
⇒9月 489,590戸  前年比 プラス21.2%
⇒10月 484,510戸  前年比 プラス19.9%
⇒11月 508,820戸 前年比 プラス26.3%!
⇒12月 509,750戸 前年比 プラス28.0%!
⇒2021年1月 484,730戸 前年比 プラス22.5%!
⇒2月 462,720戸 前年比 プラス9.7%!
⇒3月 446,410戸 前年比 プラス19.7%!
⇒4月 458, 170戸 前年比 プラス65.1%!
⇒5月 445, 660戸 前年比 プラス86.7%!
⇒6月 436, 020戸 前年比 プラス28.3%!
⇒7月 428,980戸 前年比-2.0% 
▶▶▶昨年来、初めてマイナス!
⇒8月 414,860戸 前年比ー10.9%


ほぼコロナ前のレベルになりつつあります。



成約までの日数

約8日!

販売開始からすぐに売れてしまう現状は、以前続いています。



販売在庫の期間はわずか1.9か月


まだ続く売り手マーケット!

販売希望価格に対する成約価格の割合 102.7% 

販売価格よりも2.7%高値で成約!

アップデートされている手ごろな価格帯は、購入オファーが複数入り、必然的に価格も上昇して成約、となる傾向は続いています。







このマーケットを支えている状況としては、

【銀行の貸し出し状況は変わらず低金利の傾向】
・低金利続く今が買いのチャンス! 平均約2.9%!

低金利をとれる要素として、

大前提は、1,安定した雇用  2.安定した収入

失業保険をもらっている人や、ローンの支払い猶予を申請している人のリファイナンスやローンでの購入はほぼ不可能です。



現在の米国不動産マーケットは、

とにかく動きが速いこと&資金力!

在米の方は、資金の準備と書類の準備をしていきましょう。

詳しくはこちら




▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

将来の資産運営に米国不動産の活用をお考えの方

現地エージェントをお探しの方

住宅ローンについて、購入のプロセスについて、売却時の注意点などのご質問、お気軽にお問合せください。

Pre-Approvalについてのお問合せもどうぞ。融資のプロによるお見積りと将来的な投資のご提案もいたします。

Line,Skype,日本国内で説明をご希望の方向けの個別相談や説明会開催も承っております。


https://www.ladreamland.com/contactus


#アメリカ不動産 #ロサンゼルス不動産 #カリフォルニア不動産