【2021年10月】カリフォルニア州 主要エリアのマーケット情報ーロサンゼルス郡


いつも当サイトにお越しくださり誠に有難うございます。


2021年10月のカリフォルニア州ロサンゼルスカウンティのマーケット情報です。


9月からのロサンゼルスカウンティを全体でみると、

価格は4.2%の下落
Days on Marketが10日
Unsold Inventoryが2months

と、徐々に調整局面に入っていると考えられます。


気になる販売中間価格の推移をみてみましょう!


2020年6月 $610,260 
⇒ 7月 $653,570
⇒ 8月$677,260
⇒ 9月$747,380
⇒10月$728,160
⇒11月$664,160
⇒12月$709,500
⇒2021年1月 $697,660
⇒2021年2月 $664,120
⇒3月 $668,220
⇒4月 $707,350
⇒5月 $725,680
⇒6月 $796,120 最高値
⇒7月 $809,750 最高値更新
⇒8月 $830,070 最高値更新 ▶▶▶ 1M以上物件が好調
⇒9月 $886,050 最高値更新 ▶▶▶ 1M以上物件が好調
⇒10月 $848,970 調整局面?


今年後半に入り、人気の物件とそうでない・・物件の二極化がみられています。LA Countyは貧富の差がとても激しい郡です。

ですから、失業者が多いエリア、貧困層が多いエリアと、そうでないエリアは全く違うマーケットです。

結果に一喜一憂するよりも、エリアを絞ったリサーチが必要ですね。


Median Price

前月比 -4.2%↑
前年比 +13.9%↑


販売戸数 
前月比 +6.6%↑
前年比 +20.7%↑

Home sales levelとしては、コロナ前のレベルに近づいています。


バイヤーの買い控え傾向が続いており、

前月に続き、2か月

しています。






▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

将来の資産運営に米国不動産の活用をお考えの方

現地エージェントをお探しの方

住宅ローンについて、購入のプロセスについて、売却時の注意点などのご質問、お気軽にお問合せください。

Pre-Approvalについてのお問合せもどうぞ。融資のプロによるお見積りと将来的な投資のご提案もいたします。

Line,Skype,日本国内で説明をご希望の方向けの個別相談や説明会開催も承っております。


https://www.ladreamland.com/contactus


#アメリカ不動産 #ロサンゼルス不動産