2020年第2四半期全米戸建の不動産価格(価値)$291,300 4.2%上昇

いつも当サイトへお越しくださり誠にありがとうございます。

AKIVARK独自目線でお送りしている最新情報です。


全米リアルター協会より、第2四半期の戸建 不動産価格(価値=日本でいうところの

評価額?でしょうか)が発表されました。


前年比4.2%上昇

コロナパンデミック前は、7.7%上昇でしたので、若干スローダウンした、というところでしょうか。


また、全米各地の経済圏の中央値も発表されました。

181の経済圏のうち、174の経済圏で価格が上昇したとのことです。


仮契約までの日数も平均26日

と、数字だけ見ると?好調です。




日本の不動産と大きく違うのは、なんといっても、

不動産価値上昇があること

築50年でも、100年でも、手入れがされていれば、(人が住める状態ですよ)インフレとともに、

不動産価値が上昇していきます。


★米国不動産投資の魅力はこちら★

https://www.ladreamland.com/toshi



ロサンゼルスエリアですと、数年で、数万ドルの不動産価値の上昇が得られることも、ざらですので、住みながらに貯金をしているようなものですね。


住居として住む場合と、投資として住む場合と、選ぶ物件や投資エリアに当然違いが出てきます。

賃貸しやすいエリアと物件でないと、意味ありませんので、どこでもいいというわけではありません。


現在は、コロナの影響により、学生や就職のために移動する人の数が極端に減少しています。そのため、例年ですと好調な賃貸市場は、現在空室率が高くなる、または滞納が増えている等芳しくないので、投資物件を購入される場合には、かなり注意と調査が必要ですよ。



▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

その他、AKIVARKでは、米国不動産に関する情報に関しましてお問合せも受け付けております。

日本在住でも申請可能な住宅ローン、物件調査、法人での購入ご相談等、

こちらからお気軽にお問合せください。

▼こちらから▼

https://www.ladreamland.com/contactus

#アメリカ不動産 #カリフォルニア不動産





最新記事

すべて表示

【米国不動産マーケットー販売数微増↑】 

いつも当サイトにお越しくださり、誠にありがとうございます。 Realtor.com調査の 全米不動産・7/17の週のマーケット情報が発表されました。 ★販売価格 $385,000 10.3%↑ ★New Homes on Market(新たな販売数) 9%↑ ★Total Homes on Market 33%↓ 元記事はこちら▼ https://www.realtor.com/research/