米中古住宅販売仮契約数指数 10月はマイナス1.1%

いつも当サイトにお越しくださり誠にありがとうございます。


昨日、11月30日に全米リアルター協会(National Association of Realtors)から発表された、

10月の中古住宅販売仮契約指数は、前月比1.1%で、128.9と、9月に続いて低下しました。


この指数は全米の指数なので、地域によって少し差がありますね。


―南部 プラス0.1%

―西部 ±0

―北東部 マイナス5.9%

―中西部 マイナス0.7%


パンでミンクに伴う在宅勤務の広がりにより、郊外や人口密集地以外で住宅需要が急増、ということもありますが、、、、、


ここで誤解しがちなのが、郊外だけが活況で、都市部は下落、ということではありません。

(あまりにも治安が悪化している地域は別ですよ。)


史上最低レベルの低金利

が一番の理由でしょう。


都市部である、ロサンゼルスカウンティやオレンジカウンティでは、変わらず活況です。


現在住宅を購入している人のパターンとして、以下のようなことが考えられます。


1.今持っている家を売り、ワンサイズ上の家を購入するというパターン

2.ファーストバイヤーが購入するパターン

3.他州や他国に移住するために売り、または買うパターン


米国では約6年で買い替えることは普通ですから、家を買うというモチベーションの中では

低金利というのは最も魅力的

な要因でしょう。


将来必ず価値は上昇しますから、低金利の今のうちに大きな資産をつくっておこう、というのは

アメリカ人ならではの戦略です。




コロナ後の様々な変化は予想されますが、いずれ人々は都市部に戻るのでは?とリサーチャーは考えています。






ja.png

AKIVARKアメリカ不動産投資

LINE ID @718wnkfy

  • Facebook Social Icon

アキバーク アメリカ不動産&ローンコンサルティング

DRE#01219874 NMLS#354170

© 2020 Copy rights by AKIVARK Real Estate & Mortgage