カリフォルニア州 主要エリアのマーケット情報ーオレンジ郡

中間販売価格 前月比 -3.1% 前年比1.2%増

LA郡同様、グラフの傾向から下落傾向に見えますが、コロナ渦の中にもかかわらずPending Salesが15日と、こちらも非常に短期間で成約していることがわかります。

オレンジ郡の場合、高価格帯が多いので、全体でみると停滞気味です。現地のリアルな情報だと、手ごろな2ベッド2バス、40万-50万ドル台の販売は好調です。

高価格帯を狙う方にとっては、価格交渉のチャンスかもしれません。

オレンジ郡は学区がよい地区が多いので、リノベされた手ごろな50万ドル近辺を希望されている方は他のバイヤーと競合する可能性がありますので、頭金やローン申請書類など、準備しておきましょう。


今後単純に「どの価格帯も下落する」かということは、今のところは判断がつきません。

販売件数の減少後、6月に入って上昇傾向にあるといわれていますので、6月のアップデートをもとに、夏から秋のマーケットの傾向をチェックしていきましょう。




最新記事

すべて表示

【米国不動産マーケットー販売数微増↑】 

いつも当サイトにお越しくださり、誠にありがとうございます。 Realtor.com調査の 全米不動産・7/17の週のマーケット情報が発表されました。 ★販売価格 $385,000 10.3%↑ ★New Homes on Market(新たな販売数) 9%↑ ★Total Homes on Market 33%↓ 元記事はこちら▼ https://www.realtor.com/research/