【2020年9月】 カリフォルニア州 主要エリアのマーケット情報ーオレンジ郡


こちらは、先月9月のカリフォルニア州オレンジカウンティのマーケット情報です。


オレンジカウンティの主要都市、ご存じでしょうか?


・アーバイン市 全米学区トップレベル!


・サンタアナ市 市政100年以上の歴史 サウスコーストメトロ地区には、CA最大のショッピングモールあり!


・ニューポートビーチ市 全米トップレベルの富裕層が集結

 昨日10月18日、トランプ大統領は同氏在住のサポーターのファンドレイジングイベントを

訪れていました。

 故コービー・ブライアントも在住していました。


・ハンティントンビーチ市 サーフィンで有名


気候も,そして経済も安定した地域が多いです。


進出している日系企業は、ヤクルト、堀場製作所、マルコメ、日清食品、キッコーマン、ヤマハ、リコーなどです。

治安もいいので、駐在の方も多く住まわれておりますし、永住の日本人も学区が良いことから、近年移住者多数です。

こうした背景もあり、コロナ禍でも安定してバイヤーに選ばれています。


それでは、詳しくマーケットをみていきましょう。


戸建中間販売価格は、 

6月 $870,000 ⇒ 7月 $880,000 ⇒8月 $930,000
⇒9月 $915,000
前月比 1.6%↓  前年比 10.2%↑

やっと?頭打ちかもしれません。(バイヤーの心の声 もう上がらないで!と、聞こえてきます・・・)


LA郡同様、コロナパンデミック中にもかかわらず、高価格帯も好調でした。



販売戸数は

7月前年比 プラス4.4% ⇒ 8月前年比 13.7 %↑  
⇒ 9月前年比 31.3 %↑ 

販売在庫の期間

2.2か月 昨年比 マイナス38.9%
活況レベルを継続中

これまで何度も購入オファーを出してなかなか買えていないバイヤーも多数いますので、

かなり競争が激しいといえます。

Pending Sales(販売してから契約に入るまでの日数)が10日

先月が12日でしたので、さらに売却までの期間が短縮されています。



販売が好調に加え、好材料として次のようなことがあげられます。

史上最低の低金利
経済活動の回復傾向 

オレンジカウンティが、不況にも強い他の理由は、地区を挙げて経済活動を押し上げよう、また企業を誘致しようとする動きが高いからです。

政党支持の基盤として「共和党」支持者が多いのも、共和党の政策自体が経済に強く、バックアップ体制を作ってくれることも一つの理由です。


学区が良い地区が多いのも、特徴ですので、子どもがいる世帯だけではなく、経済的に独立した独身者も将来設計の上で、移住希望も多数いるわけです。



▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

将来の資産運営に米国不動産の活用をお考えの方

現地エージェントをお探しの方

住宅ローンについて、購入のプロセスについて、売却時の注意点などのご質問、お気軽にお問合せください。

Pre-Approvalについてのお問合せもどうぞ。融資のプロによるお見積りと将来的な投資のご提案もいたします。

Line,Skype,日本国内で説明をご希望の方向けの個別相談や説明会開催も承っております。


https://www.ladreamland.com/contactus



#アメリカ不動産 #ロサンゼルス不動産


ja.png

AKIVARKアメリカ不動産投資

LINE ID @718wnkfy

  • Facebook Social Icon

アキバーク アメリカ不動産&ローンコンサルティング

DRE#01219874 NMLS#354170

© 2020 Copy rights by AKIVARK Real Estate & Mortgage