【カリフォルニア&ロサンゼルス不動産情報】2019年12月10%上昇!

カリフォルニア不動産協会から発表された、2019.12期の最新情報によると


カリフォルニア不動産の平均価格が



昨年より10%上昇 して $615,090
ロサンゼルス不動産平均価格
(Los Angeles Metropolitan Area)
昨年が$500,000
今年なんと!$550,000
一年で5万ドル=約550万円増えている!
2014年来の上昇率だそうです。

現在の日本ではあり得ないことですね。


手が届きやすい20万ドルくらいでも
約10%上昇ですと、2万ドル=200万円

ですから、いかに堅実で上昇しているかということです。


上昇の理由は、金利の低さが最大の要因とも言えますが、堅実なファイナンスで融資を受けている地元のバイヤーが購入しているので、上昇の「質」がとてもいいと言えます。やみくもに買われているような「バブル」ではありませんので、価格も落ちにくいと考えられます。


地元の雰囲気としては、人口流入により、開発がすすんでいるのですが、それ以上にあちらこちらでアパート物件や新築物件が多くなっており、好景気と勢いを感じます。


特にロサンゼルスエリアは、気候が安定しているので、修理のリスクも低く、コストを抑えられるというのもメリット。テキサス州よりも固定資産税が半分ですので、とくに利益を確保しやすいもの特徴。

意外に知られていない事実ですよ。LAについて詳しく⇒ https://www.ladreamland.com/latoshi


節税も大切なポイントですが、それ以上に売却益の効果が得られるカリフォルニア・ロサンゼルス不動産は、確実な投資と言えるのではないでしょうか。


2月21日-23日に開催される個別セミナーでも、詳しくお伝えします!

日時が合わない方もご都合をおきかせください。


https://www.ladreamland.com/seminer




ja.png

AKIVARKアメリカ不動産投資

LINE ID @718wnkfy

  • Facebook Social Icon

アキバーク アメリカ不動産&ローンコンサルティング

DRE#01219874 NMLS#354170

© 2020 Copy rights by AKIVARK Real Estate & Mortgage