【カリフォルニア不動産ーコロナ渦後値引は進むか?】


6/5のカリフォルニア不動産協会によるマーケットアップデートよりまとめ

コロナパンデミック途中で、売り手はまだ2割ほどのリアルターが販売を取り消す(または見送り)経験をしています。売り手としては、販売へ消極的な姿勢がみられます。

今は売り時と考える売り手は、約3割。

4月販売数もコロナ前よりも30%ほど減少しているので、様子をみている人の方が圧倒的に多そうです。

反面、内見件数は回復傾向にあり、史上最低レベルの住宅ローン金利もあり、買い手の購入意欲に期待です。

買い手が意欲的なのは、「値引き交渉が可能」であることです。

現に、

五月初めに4%-4.5%の値引き率

でした。

五月後半でも、3.5% and 4%

となっています。

売り出し価格は昨年よりもアップしている傾向ですので、価格的には値引き後「昨年の価格で購入可能」であると言えます。

リーマン後は加速度的な値引きは少し時間がたった後でしたが、今回はどうなるか?

7月が一つ見極められる時期と考えています。

#アメリカ不動産 #カリフォルニア不動産

最新記事

すべて表示

【米国不動産マーケットー販売数微増↑】 

いつも当サイトにお越しくださり、誠にありがとうございます。 Realtor.com調査の 全米不動産・7/17の週のマーケット情報が発表されました。 ★販売価格 $385,000 10.3%↑ ★New Homes on Market(新たな販売数) 9%↑ ★Total Homes on Market 33%↓ 元記事はこちら▼ https://www.realtor.com/research/