【アメリカ不動産の最新情報】住宅金利が低下で購入増?


スタッフのSです。カリフォルニアの夏らしく、30度以上あってもカラッと乾燥しているので、毎日気持ちの良い日が続いています。


さて、7月のFOMCでFFレートが0.25%下がりました。

これによって、当社のローンコンサルタントは

「しばらく荒れるだろうなー」と読んでいた通り、株価やドル円にかなり大きな動きがありました。


アメリカ不動産への影響は、日本人にとってわかりやすい見方は「ドル円と10年米国債」です👀

ー円高に振ると10年米国債の金利が「下がり」
ー円安に振ると10年米国債が「上がる」

この影響があり、住宅金利が3%後半から中盤(3.6%)に下がり住宅購入を控えていた人が購入に動き出しています。


アメリカの場合、投資種別のどこかが下がるとどこかが上がり、どこかでメリットが、、

これを知っておくと、アメリカでの将来の資金形成に役立ちます。鍵は分散投資です!




不動産投資以外にも詳しく知りたい方はぜひ当社へ


https://www.ladreamland.com/contactus



#アメリカ

#アメリカ不動産





ja.png

AKIVARKアメリカ不動産投資

LINE ID @718wnkfy

  • Facebook Social Icon

アキバーク アメリカ不動産&ローンコンサルティング

BRE#01219874 NMLS#354170

© 2020 Copy rights by AKIVARK Real Estate & Mortgage